明智 光秀 家紋。 日光東照宮に明智光秀の家紋がある!?

明智光秀の家紋は、土岐氏のながれをくみ桔梗紋それも水色桔梗を家紋にした

光秀 家紋 明智

その武勇から「朝家(天皇家)の守護」と呼ばれた源頼光の子孫である 土岐光衡 ときみつひらを祖とする一族です。 加藤清正自身は、自分が心から仕えた豊臣家の滅亡を見ることはありませんでしたが、突然亡くなっており「暗殺ではないか」と噂されています。 どうぞ最後までお読みください。

10

明智光秀の妻や子孫、城や家紋、そしてその最後について解説をしていきます

光秀 家紋 明智

その日光東照宮に、なぜか明智に家紋である「桔梗紋」が多数刻まれているのだとか・・・。

13

明智光秀の家系図。光秀の子孫は現代に続いているの?

光秀 家紋 明智

橘の木は朝廷にも天皇の席から見て右側に植えられていた。 もうひとつ使用していた桔梗の花の家紋は、秀吉から与えられたもので、使っていたといわれています。 途經龜山城內的柴野附近時,光秀向重臣傳達討伐信長之意,導致。

明智光秀

光秀 家紋 明智

そのような記録が史料にまったくないというだけでも、やっぱり説はデタラメだということがわかるでしょう。

1

加藤清正の家紋について解説。明智光秀との意外な関係とは?

光秀 家紋 明智

日光東照宮にある五重塔の標高がほぼ同じ高さだということをご紹介しました。 ただ、 ぱっと見たら桔梗の紋にも見えないことはありません。

15

明智光秀の家紋とその意味について

光秀 家紋 明智

因みに、織田信長の子孫は現代になっても、桔梗の花を飾ることは避けているとのことです。

10