シチズン アテッサ。 「シチズン アテッサ」のオールブラックをじっくりレビュー! 先端技術に“漆黒の美”を融合

「シチズン アテッサ」のオールブラックをじっくりレビュー! 先端技術に“漆黒の美”を融合

アテッサ シチズン

ミラー仕上げになったベゼルがエレガントさを演出 Photo: シチズン|左が2018年モデル、右が2020年モデル ベゼル周りにも大きな変化が。

9

黒くてメカメカしてる佇まいがたまらない。シチズンのATTESA(アテッサ)ブラックチタン™シリーズ。新モデルをなめるように観察してみた

アテッサ シチズン

ナイスな光沢ポイントを探しては、しげしげと眺め……時間を忘れます。 テレワーク時代の今、これが「アテッサ アクトライン」としての最大の個性のようにも感じられる。

20

スポーティかつエレガンス!「シチズン アテッサ」おすすめ4選

アテッサ シチズン

日付表示窓は3時の位置で、曜日の表示は英語と日本語が選択できます。

シチズン アテッサ ATTESA エコドライブ 電波時計 CB1120

アテッサ シチズン

日付や時刻を修正する手間を省く 国内電波時計3選! シチズン アテッサには、長針・短針・秒針の他に日付と曜日を表示する機能が搭載された時計が数多くあります。 どちらを選ぶか迷ってしまいそうだ。 時計で初めて「エコマーク商品」に認定されました。

「シチズン アテッサ」のオールブラックをじっくりレビュー! 先端技術に“漆黒の美”を融合

アテッサ シチズン

今回は、特にシンプルなデザインが特徴のモデルを紹介していきます。 そして、それが全体的な 高級感の演出となっているのか。 ところで、この「デュラテクト」は「素材をコーティングする技術」「素材自体の表面を硬くする技術」「その両方を複合的に施す技術」の3種類に大別できるのですが、本モデルに採用されているのはコーティング技術の1種となる「デュラテクトDLC」となります。

12

『シチズン アテッサ』 力強く軽快なデザインの「ACT Line」新登場|シチズン時計株式会社

アテッサ シチズン

2018年モデルでは文字板内にあった都市名の表示が、ではベゼル部分に配置。 パワーセーブ機能も働けば1年近く充電が持つことになります。

17

『シチズン アテッサ』 力強く軽快なデザインの「ACT Line」新登場|シチズン時計株式会社

アテッサ シチズン

そのため、全体的にはシックで主張が少なめのデザインとなっています。

13

黒くてメカメカしてる佇まいがたまらない。シチズンのATTESA(アテッサ)ブラックチタン™シリーズ。新モデルをなめるように観察してみた

アテッサ シチズン

そのチタニウムにシチズン独自の表面硬化技術『デュラテクト』を施すことで、ステンレスや純チタニウムに比べて、はるかに高い表面硬度を実現しています。

17

シチズンの腕時計「アテッサ」の「ACT Line(アクトライン)」は、仕事とプライベートの両方で“本当に必要な1本”になる

アテッサ シチズン

充電が少なくなってくると「充電表示警告機能」が働いて秒針が細かく揺れます。 このメタルバンド、それぞれのパーツのエッジがカットされていて、形状はシンプルですが立体感があり、重厚なムード。

7